2023秋 第5回鶴ヶ島100kmウォーク

ウルトラウォーク

コース紹介

富士見中央隣接公園を出発して、時計回りに100km歩いて戻ってきます。
エイドは8カ所。前半はエイドが多いですが、後半は20kmおきとなります。
土手歩きが始まるとコンビニ、自動販売機がないので、事前に準備しておく必要があります。
コースは平坦、信号も少なめのため、いいタイムが出やすいです。
前回大会の最速タイムは13時間27分でした。
ウォーキングを楽しみつつ、自己ベストを狙ってみるのもいいかもしれないですね。

大会会場へ移動~スタート前

朝9:00、若葉駅。大会会場に向かいます。
電車で移動中は、大雨と雷でどうなることかと思いましたが、無事止んでくれたようです。


鶴ヶ島ウォークは去年初めて100kmを完歩した思い出深い大会となります。
先週の東京エクストリームウォークに続き、2週連続の100kmウォークになるのがちょっと心配なところかもしれません。


太鼓が参加者を鼓舞します。


参加申し込み一覧によると、北は北海道、南は沖縄まで全国から参加者が集まりました。
彩の国、埼玉にようこそ!


出発前に全員で準備運動を行います。

大会スタート

10分ほど時間を前倒ししてスタートです。
41km部門の方も一緒に出発します。


木々に囲まれた道を大集団で移動していきます。


五千頭の龍が昇る聖天宮。


距離調整区間を歩いて、スタート地点に戻ってきました。
それでは行ってきます!


若葉駅に到着。


若葉駅を歩道橋で超えていきます。


序盤は信号が多め。信号待ちで集団がバラバラになっていきます。


青空。太陽も出て最高の天気となりました。


のどかな風景が広がります。


遠くには山々が見えます。


第1エイド、日高市役所に到着です。
おにぎりと飴を頂きました。


第1エイドを過ぎると集団は完全にばらけました。


高麗川橋から八高線の電車が見えました。
1時間に1本ぐらいの運行なので、かなり運がいいですね!


緩やかな上り坂が続きます。結構しんどいです。


飯能寄居線。まっすぐ伸びる一本の道。


第2エイド、毛呂山町役場。
ゼリーとお菓子を頂きました。


雲一つない真っ青な空。


広がる街並み。


そして大自然。歩いていて飽きさせません。


さて、お昼にしようかな。
エイドの補給では足りません。燃費が悪いのかもしれません。


ネギつけ麺。ニンニクたっぷり。
おかみさんが、去年の大会でも来てくれたね~、と話しかけてくれました。
100kmウォークの話を少しして、ごちそうさま!
一年に一度のお得意様ですね。


山吹橋を渡り、越辺(おっぺ)川を通過。
ベンチが交互に配置されたエモい橋です。
残念ながら、誰も休んでいませんでした。


越生(おごせ)駅。


越生は太田道灌ゆかりの地とのことです。
室町時代の武将ですね。


第3エイド、越生町役場に到着。
バナナを頂きました。


飯能生コン工業 越生工場。


開放的で眺望の良い場所にやってきました。
まさにウォーキング日和。


鳩山町入り。


第4エイド、鳩山町役場に到着。チェックポイントも兼ねています。
パンとせんべいを頂きました。


街を見下ろしながら。太陽も隠れ、だいぶ涼しくなってきました。
夜はかなり冷えるかもしれません。


太陽がだいぶ低くなってきました。


県道39号川越坂戸毛呂山線。
オレンジ色に染まる空がとっても綺麗です。


関越自動車道。


月が見えてきました。今日は満月。ハンターズムーンです。
夜は月明かりがかなり明るくなりそうですね。


第5エイド、坂戸市役所に到着。ソーセージと羊羹を頂きました。
ここでは、足のケア、夜の準備等たっぷり時間を使います。


出発。長い長い夜の部が始まります。


夜の運動公園。歩道の段差に注意です。


夜の天神橋。奥には街の光も見えます。


土手歩きは基本的に街灯もなく真っ暗。
複数人で行動すると安心です。


県道76号鴻巣川島線を横断します。
車通りは激しいですが、信号はないので注意です。


スタッフさんが見守ってくれています。
寒い中、お疲れ様です。


田んぼを突っ切り移動中。
街の明かりが近くなってきました。


第6エイド、平成の森公園に到着。
塩昆布いなりとチョコを頂きました。


入間大橋を渡って入間川の対岸に移動します。


長い長い土手歩きが終了し、市街地コースへ。
ここからはコンビニに困ることはありません。
みんな、コンビニ前で休んでいました。


伊佐沼。水抜きされているのか、ほとんど水はありませんでした。
そもそも、真っ暗でほとんど見えませんでした。


小江戸温泉 KASHIBA。
今入ったら気持ちよさそうだけど、残念ながら札止め23時でした。
10種類の温泉と露天風呂が楽しめるようです。


第7エイド、川越市役所に到着。実質最後の休憩地点です。
昆布おにぎりと羊羹を頂きました。


エイドの暖かさが名残惜しかったけど、出発です。
足裏がとっても痛い・・・もう満身創痍です。


川越駅近くの三番町通り。とっても明るいです。


八瀬大橋を渡って、再度入間川を通過します。
ペースは激落ち。時速5km、キロ12分が保てなくなってきました。


川越日高線を進んでいきます。
前後に人影はなく、完全な一人旅となりました。


雨が降ってきました。圏央道の下でとりあえず雨宿りすることに。
雨宿りしている先客がいるようですね。


雨は降り続いていますが、雨具を出すほどではありません。
残り10kmを切ってラストスパートです。


日高バイパス沿いの並木道。
暗く怖い道ですが、疲労と足の痛みでそれどころではありません。


最終第8エイド、鶴ヶ島市役所に到着。
補給はスルーしました。


若葉駅に戻ってきました。長い長い道のりでした。


最後の下り階段。足がポンコツなので慎重に。


そしてビクトリーロードからのゴールです!

第5回鶴ヶ島100kmウォーク 2023リザルト

完歩率 総合 80.5%(参加257人 完歩207人)

最速タイム
男性 13時間 26分 55秒
女性 16時間 09分 17秒

完歩タイム
中央値 21時間 43分 27秒

運営スタッフ、およびボランティアの方々ありがとうございました。
エイドでのサポートや応援にはとても助けられました。
足裏がかなり痛くて終盤はきつかったけど、終わってみれば達成感ばかりが残りますね。困ったものです。
来年もまた参加することでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました